銀座の美容外科ってどこが良いの!? 【ニーズ別】おすすめクリニック集
ニーズ別・銀座の美容外科ガイド » 気になるQ&A集。美容外科の「トリセツ」 » アフターケアって必要?

アフターケアって必要?

美容整形は施術後も大事になってきます。術後の状況次第では適切な処置を要する場合もありますし、効果の持続性を最大限得る意味でもアフターケアはとても重要です。美容整形を検討中なら、アフターケアの重要性についても確認しておきましょう。

美容外科の施術で
アフターケアが重要な理由

美容整形の流れとしては、カウンセリングを受けて施術、アフターケアという段階を踏むのが一般的です。アフターケアは術後の経過を観察し、場合によっては処置や投薬を追加することで副作用や感染症のトラブルを防ぐ必要があります。術後は思いがけず腫れや痛みが長引くこともあるので、アフターケアに力を入れているクリニックを選ぶことが重要です。

アフターケアの種類

アフターケアの必要性や重要度は施術によっても異なります。シワ・たるみ治療で使われる光治療やレーザー治療、ヒアルロン酸やボトックス注射、埋没法の二重整形など、比較的ダウンタイムが少ないものは術後の観察を必要としないことがあります。この場合は、自宅でのセルフケアが重要となるので、施術部位のケア方法や痛みや腫れ対策をしっかりアドバイスしてくれるクリニックだと安心です。

また、レーザー治療後は塗り薬でのケアが必要となることもあります。薬の種類や費用についても事前に確認しておくと安心でしょう。 一方、切開手術や脂肪吸引などの大掛かりな手術の場合は、感染症予防のために数日間入院が必要となることもあります。術後の腫れや痛みも伴うため、切開部分の消毒など適切な処置が必要になります。「二重整形後、すぐに戻ってしまった」などのトラブルがあった場合は再修正をすることもあります。再修正手術の場合は費用がかかるのかを、事前に確認しておきましょう。

ダウンタイムの長さは事前に確認を

美容整形のダウンタイムは施術の種類や使うマシン、肌質によって異なります。カウンセリング時には、痛みや腫れ、見た目の変化など、どれだけのダウンタイムが必要になるかを事前に確認しておきましょう。なかには、「翌日には腫れがひくから」と言われたのに「1週間ほど腫れがひかず、欠勤を余儀なくされた」というケースもあります。

ダウンタイムは日常生活にも影響を及ぼすため、スケジュールを調整する必要があります。どうしても時間の調整が厳しいという人は、ダウンタイムの短い施術を選ぶという選択肢もあるので、医師に相談してみると良いでしょう。 何にせよ、美容整形は施術だけではなくアフターケアも非常に重要です。ダウンタイムの長さや程度をしっかり理解し、無理のないスケジュールを組むようにしましょう。