銀座の美容外科ってどこが良いの!? 【ニーズ別】おすすめクリニック集
ニーズ別・銀座の美容外科ガイド » 気になるQ&A集。美容外科の「トリセツ」 » 美容外科とエステの違いって?

美容外科とエステの違いって?

美容外科とエステはどちらも肌や体の悩みを改善できる場所という意味では同じですが、実際には施術内容も費用も全く違うもの。両者の違いを具体的に解説しながら、美容外科の上手な活用法をご紹介したいと思います。

美容外科とエステの施術は何が違う?

肌や体の悩みを本気で解決したいと思ったとき、「美容外科とエステのどちらにするか」迷った方もいたと思います。どちらも、美肌、若返り、痩身、脱毛と似たような施術メニューがあり、大きな違いはないように見えますよね。

しかし、美容外科とエステサロンには決定的な違いがあります。美容外科は国家資格を持った「医師」がカウンセリングから治療を行う「医療機関」であるのに対し、エステサロンは民間資格を持つエステティシャンが施術を行っています。エステサロンは医療機関ではないので、医療行為は認められていないのです。例えば、麻酔を使った手術はもちろん、医療機器や薬の処方もできません。扱うマシンについても安全面への配慮から照射パワーに制限がありますし、美肌治療で使う液剤の濃度にも上限が設けられています。

つまり、エステサロンの施術では1回の施術で得られる効果が少ないということです。それに対して美容外科の施術は結果を出すための医療行為なので、体に負担がかかるリスクがありますが、近年は体の負担に配慮した治療法が次々に登場し、痛みやダウンタイムが心配な方でも安心して治療に臨めるようになってきました。

同じ施術で比較!美容外科とエステの違い

脱毛一つとっても、エステは照射パワーがかなり低い「光脱毛」が中心で、美容外科では高出力で毛乳頭を破壊する「レーザー脱毛」が主流です。医療機関でも光脱毛を採用していますが、エステサロンよりも高い出力で照射をするので、1度の脱毛で得られる効果は雲泥の差です。美容外科の医療脱毛は少ない通院期間で済みますし、最近では痛みの少ない機器もたくさん登場しています。

また、痩身施術も美容外科ならマシンや注射によって脂肪細胞そのものの数を減らせるため、1回の施術で大幅なサイズダウンが期待できます。一方、エステサロンではマッサージによってリンパや血流を改善して老廃物を流す施術がメインです。時間をかければ体質が改善する可能性もありますが、劇的な効果は期待できません。

結果にこだわるなら美容外科

上記を踏まえると、効果を重視するなら美容外科、リラクゼーション目的ならエステという選び方が適していると言えます。美容外科が医療機関だと言っても、近年はホスピタリティの高さにこだわり、一流ホテルのような内装と接遇でもてなすクリニックも増えていますし、非日常の空間のなかで治療を受けられるようになってきました。カウンセリングではぜひ、クリニックの雰囲気も比べてみてくださいね。